【ネタバレあり】音を立てたら即死亡?!本当に息が詰まるホラー映画「クワイエット・プレイス」のあらすじ感想

映画情報

あらすじ

音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる一組の家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、呼吸の音も逃さない。その“何か”に一瞬でも聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らだが、なんと母親は出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を守れるのか―――?
Filmarks

作品データ

原題:A Quiet Place
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:90分
オフィシャルサイト
映画.com

スタッフ・キャスト

監督:ジョン・クラシンスキー
製作:マイケル・ベイ、アンドリュー・フォーム、ブラッドリー・フラー
脚本:ブライアン・ウッズ、スコット・ベック、ジョン・クラシンスキー
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
美術:ジェフリー・ビークロフト
編集:クリストファー・テレフセン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ、ケイド・ウッドワード
映画.com

てるりん
ここからは全開でネタバレしていくので覚悟してくれよな!
みっつん
ここで言っておけばネタバレ警察に見つかっても大丈夫だね!

感想

音を立てる=死

てるりん
音を立てちゃダメだよ、って言われてるのにまんまとやらかしてしまうあのガキには少しイラっとしたかも。
みっつん
4歳だししょうがないよ。黙ってただけえらいんじゃない?まあそのせいですぐ死んじゃったけど。
てるりん
俺ああいう約束破るやつホント苦手!パンズラビリンスで思わず食べちゃう娘とか。
みっつん
あれは色んな考察があるみたいだけど、素直に観てると「なぜ食べる?!」としか思えないんだよね。
てるりん
その後ちょっと時間が飛ぶんだけど、母親の腹が膨らんでるのがわかる。仕込むの早いな!
みっつん
声出さないで出産なんてムリゲーでしょ!って思っちゃった。音を立てないようになんか色々工夫はしてたけどね。
てるりん
そもそも音を立てないで生活すること自体ムリゲーだよ。
みっつん
砂を撒いたりして頑張っていたけど・・・基本ガマンすることでなんとかする(笑)。
てるりん
物を落とさないように床でご飯食べるとか、晴れてる日は滝の側で生活するとかすればいいのに。
みっつん
結構不用意に物がたくさん置いてあったよね。あれじゃちょっとつまづいただけで詰んじゃうよ!
てるりん
そのせいかもしれないけど、劇場にもかなりの緊迫感が漂ってたな。
みっつん
つばも飲み込めない雰囲気(笑)。あの映画を観ながらガサゴソできる勇気はない。
てるりん
しかし針を落としても聞こえるくらいの聴力を持っているにしては、目の前にいる人間を見逃し過ぎでは?
みっつん
口を手で塞げば大抵見逃してもらえる感じだよね。キョンシーか!
てるりん
あれだけ耳が良ければ衣擦れの音とか心音でわかってしまうんじゃ・・・。
みっつん
コウモリみたいに音波を飛ばしてるとかじゃなさそうだよね。
てるりん
中々謎の多い生命体だけど、どうやら次回作も決定しているようなので段々生態が分かっていくのかも。

説明が無いのでわかりづらい点も

てるりん
ちょっとわからなかったのが、娘の補聴器っぽい機械。あれは何?
みっつん
そのまんま補聴器でしょ。あの子が耳悪いからみんな手話ができたんだと思うよ。
てるりん
なるへそ。あと途中で出てきていきなり大声をあげたと思ったらブチ殺されてたジジイ。あれも謎だ。
みっつん
ギョっとさせる要員では(笑)。この映画は静かなシーンが続くから、いきなりデカい音がすると心臓止まりそうになる
てるりん
おそらくですが、あの老人の妻が怪物に殺され、心中したかったのではないでしょうか。

老夫婦の家には「KEEP OUT(近づくな)」という文字が書かれていたはずです。

その家でおだやかに過ごしていたが、何かのトラブルで妻が音を立て怪物に殺されてしまった。

そして気が動転した老人も後を追うように自殺した、と考察できます。
試ログ

てるりん
って考察しているな。
みっつん
むう、自殺したかったら一人でやってくれ!はた迷惑なジジイだ。
てるりん
危機が迫った母親がライトを赤く点灯させてSOSを送る演出は好き。
みっつん
あれは逆に何にも説明しなくてもすぐ理解できるシーンだね。

結局結末はどうなったの?

てるりん
結局怪物?のこともサッパリ掴めないまま終わったけど。
みっつん
あれはエイリアンなんだろうね。新聞のスクラップでそれとなく示されてるけど。ある日突然やってきて人類を虐殺しまくったんだろう。
てるりん
盲目とはいえあの身のこなしと驚異的な聴力で人類を壊滅させた凄いやつら。
みっつん
ただ経産婦がショットガンでやっつけられるくらいだから「もう少し人類頑張れよ」って思ってしまう私がいる。
てるりん
俺たちの戦いはこれからだ!的なラストだったから「あれ?終わり?」って思う人も多いかも。
みっつん
よく考えると大量に集まってきた怪物どもに対して経産婦と子供がショットガン一丁と壊れた補聴器で戦うのって実は絶望的なシチュエーションじゃない?
てるりん
みっつんは経産婦って言いたいだけでしょ!

まとめ

結論

てるりん
「音を立てたら死んじゃう」っていうシングルイシューで90分間ハラハラドキドキできる中々面白い映画じゃないかな。
みっつん
家で観るのではなく、映画館で観るのが絶対におすすめ!観てるこちらも音をたてるのがはばかられる緊張感をぜひとも体感してもらいたい。
てるりん
この映画は静かにしなきゃいけないお話だからセリフが圧倒的に少ない分、しっかりと目を凝らして見ていないと話に追いつけなくなるおそれがある。
みっつん
でもこの映画に字幕を付けた人は楽な仕事だったろうね(笑)。
てるりん
そーゆーこと言わない!

今回話題に出た映画&関連作

パンズ・ラビリンス

てるりん
ギレルモ・デル・トロ監督の趣味全開映画。色んな意味で心に残る作品です。
みっつん
タイトルにもなっているパンよりもペイルマンの方が圧倒的に脳裏に焼き付いているね。

こちらがペイルマン


幽幻道士(キョンシーズ)2

てるりん
幽幻道士を観るならしっかり2まで見て、ぜひともスイカ頭の雄姿を目に焼き付けて欲しい。
みっつん
なんだか焼き付く映画ばっかり紹介してるね!

ドント・ブリーズ

てるりん
クワイエット・プレイスは音が出せない映画だったけど、こっちは息ができない
みっつん
舐めてたジジイが殺人マシーンだった映画(©ギンティ小林)だね。こっちも緊迫感が凄い!

息もできない

てるりん
息ができないつながりでなんとなく紹介してみました。
みっつん
ホラーじゃないけどショッキングな描写が満載。傑作なので絶対観るべし!

ホーボーウィズショットガン

てるりん
ショットガンを持って戦うと言えばこの映画。ホーボー(ホームレス)が街のダニ共をショットガンで退治する!
みっつん
無理矢理もいいところだね。話は滅茶苦茶だけどケレン味のある演出は楽しめると思うよ。ヒロインが思ってる以上に大変な目に合う映画(笑)。

てるりん
これらの関連作はアマゾンプライムとかU-NEXTで全部観られるので、興味のある方は画像をクリックしてみて!
みっつん
そうすると我々に小銭がチャリンチャリンと入ってくるのでよろしくね!
てるりん
下品!もうちょっとオブラートに包もう!