【ネタバレあり】今度のデンゼルは神ってる!「イコライザー2」の解説・感想

映画情報

解説

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描く。現在の表の職業として、日中はタクシー運転手として働いているマッコールだったが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていくが、やがてマッコール自身にも危険が迫る。そして、その手口から相手はマッコールと同じ特殊訓練を受けていることが判明。同時に身内であるはずのCIAの関与も明らかになっていく。マッコール役のワシントンは、自身のキャリアで初の続編への出演となった。
映画.com

作品データ

原題:The Equalizer 2
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:121分
オフィシャルサイト
映画.com

スタッフ・キャスト

監督:アントワン・フークア
製作:トッド・ブラック、ジェイソン・ブルメンタル、デンゼル・ワシントン、アレックス・シスキン、スティーブ・ティッシュ、アントワン・フークア、メイス・ニューフェルド、トニー・エルドリッジ、マイケル・スローン
製作総指揮:モリー・アレン、デビッド・ブルームフィールド
キャラクター創造:マイケル・スローン、リチャード・リンドハイム
脚本:リチャード・ウェンク
撮影:オリバー・ウッド
美術:ナオミ・ショーハン
衣装:ジェニー・ゲーリング
編集:コンラッド・バフ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演:デンゼル・ワシントン、ペドロ・パスカル、アシュトン・サンダース、ビル・プルマン、メリッサ・レオ
映画.com

てるりん
ここからは全開でネタバレしていくので覚悟してくれよな!
みっつん
ここで言っておけばネタバレ警察に見つかっても大丈夫だね!

感想

マッコールさん、神ってる

てるりん
いやあ安定の強さだったね、マッコールさん。
みっつん
ピンチらしいピンチが無いのは前作同様だけど、さらにパワーアップしてる気が。
てるりん
結局危機に陥るのはブリュッセルで殺られるスーザンと人質に撮られたマイルズだけだったな。
みっつん
後部座席で暗殺者に狙われてもギャングたちのアジトに単身乗り込んでも全く不安を感じさせない(笑)。
てるりん
制裁をくらわす前に選択肢を与えて反省をうながすところなんか正に裁きの神
みっつん
マッコールが怒りを覚えると「ゴロゴロゴロ・・・」と雷鳴が轟き始め(2回も!)、最後の決戦の舞台では嵐が吹き荒れる。くわばらくわばら
てるりん
天神様か!
みっつん
そのツッコミは《天神様こと菅原道真公が雷の神様であり、道真公の所領だった京の「桑原」の地には雷が落ちなかったことから「ここは桑原だから雷を落とさないでね」という意味を込めて「くわばらくわばら」といわれるようになった・・・》って説明をつけないと響かないと思うなあ。
てるりん
ためになるけどちょっと長すぎるよ!

デンゼル大好きアントワン・フークア監督?

みっつん
アントワーン・フークア監督×デンゼル・ワシントンのタッグは「トレーニング・デイ」「イコライザー」「マグニフィセント・セブン」に続き今回で4作目。
てるりん
どの作品もキャラが立ったオイシイ役どころだっただよね。
みっつん
もちろんオスカー俳優であるデンゼルの演技力がそうさせているんだろうけど、 いい役をやらせてあげようとするフークア監督のデンゼル愛もひしひし感じる(笑)。

基本現場にあるもので荒事を解決

てるりん
今回もその場に存在するあらゆるものを武器に変えてしまう驚異の戦闘スキルは健在だったな。
みっつん
まるで冒険野郎マクガイバーマスターキートンみたいだったね。
てるりん
いつもたとえが微妙に古いな!それらは昭和生まれにしか響かないと思うよ!
みっつん
あ、粉塵爆発はパイナップルARMYだったか。
てるりん
みっつんは本当に20世紀少年だね!
みっつん
うまい!
てるりん
ここではブラックカードで首筋を切り裂いたり、銛で串刺しにしたりするマッコールさんを語るはずだったのがどうしてこうなった・・・。

わからなかった所

てるりん
悪者チームがマッコール家に押し入り、天井を見て昔のマッコール家に向かうくだりがあったけど、なんでマッコールがそこにいるって思ったんだろう。
みっつん
マッコールも彼らがそれに気づくこと前提で嵐の廃墟に潜んでいたね。昔のチームメイトだったからこそわかる何かがあったのかな?
てるりん
あとラストにマッコールが結婚指輪を右手から左手に付け替えたのもよくわからん。
みっつん
・・・やっぱり欧米でも、結婚指輪は左手にはめるのが一般的らしい。

でも「婚約指輪」は右手にはめる事もあるんですって。

で、どうやら……

左手は「過去」右手は「未来」を表すんだそう。

そのことを踏まえて考えると、ロバートが右手に指輪をしてるという事は、人助けに熱中して孤独の先(未来)を見ようとしているというか、過去と向き合わないようにしてると考えられるような気がします。

そして、今作の戦いが終わった後、マッコールは家に戻って指輪を左手にはめなおし、そして指輪にキスをします。

それは家に戻って妻との思いでが詰まった「過去」を見つめるという事なのか?と僕は勝手に解釈しました。
しーまんの映画から学ぶ人生

みっつん
ってレビューしていたよ。
てるりん
過去を振り払って未来へ向かうのがよくある話だけどな。
みっつん
過去・現在・未来の事象を同時に認識できそうだから、時間の概念なんか超越しているんじゃない?
てるりん
Dr.マンハッタンか!確かに神に近い存在だけども!

面白かったけど不満点も

てるりん
前作で印象的だった異常な几帳面さやストップウォッチで時間を計るくだりは今作ではあまり目立たなかったよな。不眠症は治ったのかな?
みっつん
寝る前に大音響で音楽をかけながらライトを点滅させて脛を鍛えてたのは強烈なシーンだったよね。
てるりん
・・・それはザ・コンサルタントのベン・アフレックでしょ。
みっつん
白状すると、この記事を書くまで記憶がごっちゃになってました。だって二人とも強迫神経症の殺人マシーンなんだもの!
てるりん
まあ、異常に几帳面でルーティーンを重視するあたりも共通してるしな。
みっつん
こいつ普段はにこやかにふるまってるけど絶対やばいやつだぞ・・・ってのが垣間見えるのがそれらの描写で明らかになるんだけど、続編だからそういった説明をすっとばしちゃってるのかね。
てるりん
ん~、そういう所もひっくるめてマッコールさんの魅力なんだけどなあ。
みっつん
今回は客を車に乗せた時に見せる視線だけでただものではない感が出せてはいるけどね。あんな目ヂカラ強すぎる運転手いないよ!
てるりん
あとクロエたんがかかわってこないのも不満。
みっつん
何がクロエたんだ
てるりん
あれからどうなったかちょっとでもお話に入れ込んでくれたら嬉しかった。
みっつん
今回のヒロインにあたるのがメリッサ・レオ
てるりん
ヒロイン・・・そうは見えないかもしれないけど、デンゼル・ワシントンもメリッサ・レオもアラ60だからな!
みっつん
主要人物で言えばマイルズ役のアシュトン・サンダース君が若いだけで、実はシルバー世代中心の映画だったんだね(笑)。
てるりん
そういえばラストもジジババがハグして終わりだった!

まとめ

結論(という名の駄話)

てるりん
冒頭トルコで人質救出作戦が始まったからエージェントに戻ったのかと思ったんだけど、ただのボランティアだったという。
みっつん
身の回りにはびこる不正をイコライズする街の遊撃手
てるりん
それはいすゞ・ジェミニのキャッチフレーズだよ!使い方間違ってる!
みっつん
アパートの落書きを消すくだりで手の届く範囲の問題を自ら解決する大切さをマイルズに語ってたけど、はっきり言って病的な正義感だよ(笑)。
てるりん
基本やってることはデス・ウィッシュシリーズのポール・カージーことチャールズ・ブロンソンと一緒だよな。
みっつん
デンゼルがチンピラだった頃にやったことを償うためにブロンソンの遺志を継いでいるのかもね。
てるりん
デンゼル・ワシントンはチンピラ役で狼よさらばにちょろっと出演してただけだよ!

今回話題に出た映画&関連作

トレーニング・デイイコライザーマグニフィセントセブン

てるりん
デンゼル好きなら押さえておいて損はない3本。
みっつん
現状アマゾンプライムなら見放題か100円で鑑賞できます!見放題作品は入れ替わりも激しいので早く観た方がいいよ!

ウォッチメン

てるりん
アメコミの古典的名作をザック・スナイダーが忠実に(一部改変)映画化。
みっつん
映画も悪くないけど、漫画の方もぜひ見てもらいたい。Dr.マンハッタンのち〇こも丸見えだよ!

ザ・コンサルタント

てるりん
ベン・アフレックの死んだ目が自閉症の主人公という設定にピッタリハマったアンチヒーロー映画。
みっつん
思わず歓声が出てしまう爽快なラストシーンは必見!


冒険野郎マクガイバー

てるりん
続編がやってるみたいだけど、観たことないので元祖を紹介。
みっつん
マッチョ系ヒーロー全盛期の中、理系の知識で問題を解決するの頭脳派のマクガイバーは新鮮だったよね。今でも色あせることの無い魅力があるので、ぜひ見て欲しいな!

マスターキートンパイナップルARMY20世紀少年

てるりん
全て浦沢直樹先生の作品です。
みっつん
あの大風呂敷を広げるのが得意だけどたたむのは苦手な(笑)

てるりん
20世紀少年はまあアレとして、他の二つはちゃんと完結したんじゃない?
みっつん
それはちゃんと原作がついてるから・・・

てるりん
あ・・・(察し)

てるりん
これらの関連作はアマゾンプライムとかU-NEXTで全部観られるので、興味のある方は画像をクリックしてみて!
みっつん
そうすると我々に小銭がチャリンチャリンと入ってくるのでよろしくね!
てるりん
下品!もうちょっとオブラートに包もう!